読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割といいもの見つけたブログ

良い物を見つけたときに書きとめておくのです

おいしい、里の青汁と黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

青汁と言えば身体に良いとか「まずいー、もう一杯!」とかよく知られていますが、それでも新製品が開発されています。

里の青汁 (日田天領水の里)
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

二つのサイトを発見しました・・

里の青汁は、日田天領水の里が発売しています。
九州の会社ということで材料も九州産にこだわっているそうです。熊本産の有機野菜「すいおう」が使われています。これがなかなかすごいですよ、
カルシウムがほうれん草の約2.8倍、マグネシウムが小松菜の約3倍、鉄分がニラの約2.8倍、ビタミンB1がキャベツの約2倍とかなりのものですね
ポリフェノールブロッコリーの約4倍、ルテインはほうれん草の約5倍です。そこへビフィズス菌(BB536:ヒト由来)が50億個もです。

そこへ、おなじみケールやゴーヤ,桑の葉と野菜嫌いの人にオススメですね。味も、子供でも美味しく飲めるそうですよ〜


さて、黒糖抹茶青汁寒天ジュレですが、興和(KOWA)株式会社の製品ですね。製薬メーカー製ですから安全性や製造管理はほぼ心配しなくても大丈夫じゃないでしょうか

青汁となはついているものの、以前の青汁とはかなり違います。クマザサ粉末(北海道産:食物繊維がサツマイモの約29倍、カロテン:カボチャの約16.6倍やビタミンE:大豆の約8.7倍、ミネラル類も豊富)、約40種の植物発酵エキス、お米由来の乳酸菌、水溶性食物繊維の代表の寒天、低GIで知られているココナッツシュガーと黒糖、黒糖と相性の良い抹茶とかなりのものです。

特に成分上、青汁特有の青臭い臭いがほとんど無く一回分ごとにスティックパックになっています。
素材も味もクオリティが高いと思います